×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



松川温泉 峡雲荘(リニューアル)


 平成18年の春にリニューアルした松川温泉峡雲荘に行ってきました。
 正面の大きくて新しい建物が玄関やフロント、ロビーになっています。この建物の左側に、以前からある宿泊棟があります。
 中に入ると、秘湯を守る会のちょうちんが鎮座しています。「新しくなっても秘湯です」(どこかで聞いたような…^_^;)というフレーズが似合いそうです。

  



 館内は和モダンの落ち着いた雰囲気で、ロビーには囲炉裏やリラックスチェアなどがあり、外には美しい緑が広がっています。

  



 新しくなった宿泊棟の廊下を奥に進むと、以前からある有名な混浴露天風呂と男女別の内湯があります。女性用の内湯には女性専用の露天風呂もついています。写真右は、混浴露天風呂の入口です。

  



 混浴露天風呂のお湯は真っ白で、かなり湯花が含まれています。注ぎ口には湯花がたくさん付着していました。木漏れ日が白いお湯にきらきらと反射して、とても気持ちがいいです。遠くに、松川のシンボルである地熱発電所が見えました。大地のエネルギーを感じます(^^)。

  

  



 内湯は数年前に新しくしたので、立派できれいです。飲泉もできて、舐めると少し苦いです。硫黄臭のお湯はもちろん源泉賭け流しで、常に湯船からあふれています。成分が濃いため、湯船のふちはうっすらと白くなっています。洗い場の蛇口からは水しか出ないので、すぐ横にある湯箱からお湯(温泉)をすくって使うようになっています。
 以前は、男性用の内湯から混浴露天風呂へ裸のまま直接行くことが出来ませんでしたが、新しく通路を設けて行けるようにしていました(写真下段右)。


  

   



 以前からの宿泊棟と新しくできた宿泊棟があるので、間違いのないように予約の際はきちんと指定をしましょう。新しい宿泊棟のほうが部屋数は多いようです。いろいろお話をお伺いしましたが、とても親切なご主人で、わざわざ新しくできた部屋に案内して説明をしてくれました。
 新しくてきれいな秘湯でゆっくりしたい方にお勧めの宿です。
(前回の訪問はこちら