×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



栗駒山荘

 岩手県側の須川高原温泉のすぐ近くに、大きくて立派なロッジ風のホテル、「栗駒山荘」があります。こちらは秋田県になります。
      


      



 中に入ると大きな空間がひろがっていて、そこにフロントやお土産屋さんなどがあります。突きあたりには吹き抜けになったガラス張りのレストランがあって、栗駒の大自然を見ながら食事ができます。 日帰り入浴の方はフロント横の自販機で入浴券を買い、お風呂場前にいる係の人に券を渡して入っていきます。お土産屋さんやレストランだけを利用する方も館内に自由に入れます。フロントは宿泊する人だけの利用となります。

      

             



  お風呂は内湯、露天共に木造で大きく、太い柱が多用されているのでとても重厚感があります。露天風呂の開放感は抜群で、周辺の山々から遠くは鳥海山まで望めます。秋に行くと紅葉がとてもきれいです。
 お湯は白濁していて、強い硫黄臭がします。なめるとすっぱく、成分はかなり強いです。長湯をすると私が具合を悪くしてしまう唯一の温泉です(お隣の栗駒高原温泉も同じ)。ここの成分が自分には合わないのかも…。お湯に浸かるのはいつも5分以内と決めています。

      

      


日帰り入浴は9時から18時まで(受付は17時30分まで)、入浴料は大人600円です。眺めのよい有料の大広間は、入浴料込みで1200円です(休憩所利用時間は9時から15時30分)。
 客室も窓を大きくとった素敵な造りで、一度は泊まってみたい旅館です。