×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東トロコ温泉

 八幡平の大沼から5.2km下っていくと、国道341号線に出ます。そこを青森方面に右折し、2.6km進むと東トロコ温泉があります。山あいの小さな温泉だと思っていましたが、行ってみると建物は鉄筋コンクリートで、中に入るとホテルのような造りで,広いロビーやゲームコーナー(写真右)、卓球台などがありました。
        



 お風呂は、ロビーの左側に男女別の大浴場、右側に男女別の露天風呂付き中浴場があります。
まず大浴場に入ろうと脱衣所のドアを開けたら、4面鏡張りの太い柱がありました。やはりここは鄙びた秘湯ではない!と確信しました(^^)。
 浴室や湯船は広々としています。ガラス張りで外の緑がまぶしいです。お風呂と周囲の自然が一体となっているような感じでした。
 大きな岩から源泉が流れ落ちていて、湯船からは絶えずお湯があふれています。お湯は無色透明で、湯船に注がれているお湯の臭いを直接嗅いでみると少し油臭がします。なめても少し油っぽい味がしました。湯船内のお湯を嗅いでも油臭はわからないので、かなり薄い臭いなのかもしれません。湯船のふちを見たら所々が虹色に光っていたので、本物の油分が混ざっているのでしょうか。湯船の中で肌をさすってみるとヌルヌルしました。
                



 フロントから右奥へ進んで階段を下りていくと、男女別のお風呂があります。こちらの内湯は大浴場に比べると3分の1位の大きさです。こちらも岩からお湯が湯船に注がれていたので、素性を調べようとそこに手を入れたら熱湯のように熱く、味や臭いはわかりませんでした。湯船内のお湯は無色透明、無臭でした。
 外には露天風呂があって、深い山が広がっています。
 入浴料は大人1人400円。

                


 東トロコから国道を400m北上すると、熊牧場があります。そこからさらに1.8km進むと、志張温泉があります。国道沿いのホテルと、そこから少し山に入った所に元湯があります。



 ※ 残念ながら,現在は営業をしていません。